2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モナリザの秘密 

ダ・ヴィンチ特別展、友達に招待してもらいました。


日比谷公園かなり久しぶりでした。
むかーしこのすぐ近くの会社いくつか働いたことありました。

特設会場に入るとまず黒柳徹子がモナリザになっててお出迎え。
違和感なし(笑)

ダ・ヴィンチの発明品が木で作られたものがたくさん展示してある。
直筆のノートもあるんだけど、どうしてあんなに小さいのに書く必要があったのかしら。
ほんとに細い仕事してます。

科学者で芸術家、ひとりでまぁこんなにもよくできるなーって思いました。
中にはこれじゃ…って思う装置もありましたけどね。

肝心なモナリザのコーナーは大々的に。
初めて実物見たときは地味‼が感想でした。

だけど描かれた当時のモナリザは色彩が今見るよりも明るくてキレイ。
表情も違います。
この辺は研究によるものです。
とにかくすごいカメラと技術を使ったらしい。

本物は盗難もあったし、状態の都合でルーブルから出ることはないので、完璧なレプリカが飾られてました。
本物でも見ることが出来ない裏側まで忠実に再現されてます。

トリビアてきな情報も結構あった。

ダン・ブラウン以来気になる最後の晩餐の解説も。
ぱぱーって見ようよなんて見始めたのに意外に長居してた。

本物はこんな感じですからね、柵越し、ガラス後しに人垣のすき間から。
レプリカのか断然じっくり見られました。


スポンサーサイト
[ 2011/01/25 16:08 ] おでかけ | TB(0) | comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meeka.blog29.fc2.com/tb.php/1520-b8dee31f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。