2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

moimoiトリップ vol.9 ムーミンとドーナツ 

前記事で真っ向から道場破りしたのはタンペレ市立図書館です。
雷鳥をモチーフにしている、とのことですが、お菓子の「雷鳥の里」についてくるダイカットの雷鳥しか見たことがないのでそんな感じか。。くらいの感想です。
変わった形の建物ですね。


ここには「ムーミン谷博物館」があります。
駅のツーリストインフォメーションでちゃんと地図をもらったのに、方向音痴の悲しさ、勝手に近いと思い込んでいたために不安になって、おじさんに聞きました。
「ムーミン谷は近いですか?」
「ん?ムーミ?」
「はい、ムーミ」
「うーんわからないな。そんなのあったかな」
「図書館の中にあるらしいです。じゃ、図書館は近いですか?」ともらった地図を見せると。
「あー。それね。そこの道をもう少し行くんだよ」
とういことで道はそれていないことを確認して、駅から10分か15分くらいでしょうかね。

で。堂々と図書館に入ったものの、ムーミンらしきものは見当たらない。ムーミンムーミン・・・
職員の方にまた聞く。
「ムーミン谷はどこですか?」
「ムーミン谷はこっちですよ。着いてきて」と地下へ向かう小さいドアを開け、狭い階段を下りて。。。
「はい、ここよ」って入り口まで連れて行ってくれました。
ムーミン谷博物館ってこんなシークレットなところなのかしら。。。

ま、とりあえず入場料を払って、解説は何語がいい?と聞いてくれて、日本語もちゃんと用意されてました。
解説を持って中に入ります。撮影禁止です。

ちょっとうすぐらい展示室にはムーミンのフィギュア?ミニチュアがいくつも飾られていて、それが物語の1シーンになっているようで、解説を読むとそれがわかります。
これがすごく細かくてよくできてる。
私、ムーミンのアニメは子供のころ見てましたけど、「本物」のムーミンに関しての知識は一切なく、食器もムーミンシリーズはひとつも買っていません。
だから私の中ではムーミン=岸田今日子なのです。
すみません、そんな私が「ムーミンファンの聖地」なるところに足を踏み入れて。

むかーし、この本物のムーミンを見たときはちょっと怖い感じなのね、って思いました。
サザエさんの原画に共通するような?あら?違う?

でも今見るとやっぱり原画のほうがすばらしいですね。5センチ角くらいの小さいモノクロの原画が好きでした。
線が細かくて、緻密なんです。
ムーミンハウスのミニチュアといっても私の背よりも全然高いんですけど、ヤンソンさん本人が壁紙を貼ったとか、そういう解説を読みながら見ていると本当によくできているなーって感心します。
平日だし、見ている人も少なかったですけど、少ない中に日本の方が目に付きましたね。
やっぱりムーミン人気なんだ。


ムーミン谷を出て、ショップに行こうとしたときにあっさりとここに通じる入り口を発見。
図書館に入らずに正面から右手に来るとここでした。ムーミンがお出迎え。
どうりで裏口っぽいところから私は行ったはずだわ。
で、ここのポストに投函すると消印がムーミンだってことを何かで読んで、朝書いたカードをここに投函しました。


さて。ムーミンも見たことだし、「アレ」を探しに行こう。
図書館の前にある教会の裏手をずんずん行きます。
家につけられている「PYYNIKKI」と書いてある標識が心のよりどころです。


ちょっと進むともうこんな景色。人はあまり歩いていない。
時々車ブーン。


まだかしら。また不安になる。あの人に聞いてみよう。

「ピューニッキタワーはこの道ですか?」
「そうよ。この道まっすぐだから絶対見逃さないわよ」
「ありがとうございます」

もう少し行くと。。。見えた!
結構な上り坂をきてますよ。そのてっぺんにあります。ピューニッキタワー。


目的は。。。。あった!!

このカフェのドーナツ、「フィンランド No.1のおいしさ」らしいのです。
ドーナツラバーとしては食べておかねばね。
気のいいおばさんが一人で切り盛りしています。
車でブーンと来て、ドーナツをいっぱい買って帰る人もいます。

真ん中に写っているのが大きいサイズの“レギュラー”サイズ。

私はスモールサイズとコーヒーを。

ハーブが入っているのかな?日本にはないドーナツの味だ。
でもふわっふわでおいしい。山登りの後なのでなおさら。
それはクリスピーでも、ミスドでも、はらドーナッツでもない味でした。
ザラザラの砂糖もちょっとレトロでいて新鮮だったな~

で、タワーもあるので上ってみよう。カフェを利用するとタワーに行くのはタダになる、とかならなかったとか、いろんな情報を読んだのでおばさんに聞いてみた。
「タワーに上れますか?」
「もちろん!!こっちよ」

と、ドアを開けてくれて「はい、ここ上がってって」って。
????そこはちょっとカビ臭い階段。これが結構段数があるんです。

ハァハァして上がりきるとおぉ!森と湖が見えます。


この日も曇りだったのでちょっとね~、空の色が残念です。もうひとつあるタワーが写ってます。
くるっと一回り景色を見て降りました。


階段を降りると。。。。

やっぱりエレベーターあった。一人2ユーロって書いてある。
おばさんどうして私には階段しか言わなかったのかしら。ほかの人も階段で来てたけど。
使えるのかな?と思ってボタンを押したらグワーーーーンと動き出したのであわててその場を離れました。

さて。上った山は下りなければ。
こんなベンチが途中いくつもおいてあります。景色を見ながら下ります。
やっぱり結構な高さだったんだわね。


やっと街に戻ってきた感じ。
ちょいと街でも見てみようかね。



かなり歩いてます。クリックお願いします→ninki-blog.gif

スポンサーサイト
[ 2009/09/19 10:55 ] | TB(0) | comment(4)

keiko★さん

ぜひぜひ来てください。
喜んで見せびらかしますから。プププ

行動力。うーん。そうですかねぇ
「行きたいから行っちゃった」って感じなんですけどねぇ。
いやぁ山道はちょっと心細かったですよ。
タワーについたら妙に一人だけテンション高く写真撮ってました(笑)

でもね・・・・もっと心細いとこも行ったんですよ。
それはまた、別の話 by レオ
[ 2009/09/20 09:59 ] [ 編集 ]

まりもさん

たしかに!一人で乗れといわれたら怖いかも。

ええええええーー(@o@)
まりもさんのヘルシンキショップ巡りも相当パワホーでしたけど。。。。
イッタラ→タンペレは30分くらいだし、タンペレ行こうかな、と思ったらイッタラが途中にあることがわかったからというか。。
ま、とにかくバカみたいに歩いてましたけど。

森と湖。まだまだありますよっ。
[ 2009/09/20 09:56 ] [ 編集 ]

たのしい!

meekaさんのレポ読んでたら、とってもたのしい!
いやいやあなたの行動力には脱帽です・・・。

ドーナツやさんがあるタワーに向かう森の中、ずいぶん心細かったでしょう・・・。読んでると、とぼとぼ歩いてるmeekaさんの後姿が想像できます・・・。

地図を準備してもう一度読んだらたのしいだろうなぁ・・・。

↓おいしいケーキ買って行くので、その食器使わせてくださいっ。
[ 2009/09/19 13:57 ] [ 編集 ]

このエレベーター・・

このエレベーター・・私ひとりだったら怖くて乗れません。必死で階段のぼっちゃうかも。。笑
イッタラ&タンペレ→ヘルシンキ日帰りですか??すごい・・パワフルっす。
レトロな感じのドーナツちょっと食べてみたい。
森と湖・・いいですね~ いやされます。
[ 2009/09/19 13:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://meeka.blog29.fc2.com/tb.php/1117-9c097627


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。